脂肪吸引した時の体への負担

脂肪吸引をすると痩せたい場所が確実に痩せられるという夢のような方法だとは思いますが、脂肪吸引することによる体への負担は相当あると認識しておくことも大切なことです。

ですから複数箇所の同時吸引は避けておいた方がいいと思います。

なぜかと言うと、脂肪吸引する際には毛細血管を傷つけてしまいますので吸引した箇所が晴れ上がります。施術する医師の技術にもよりますが、腫れる度合いや期間などの完治にはある程度期間が必要になります。

また、リスクには医師の技術にもよりますが均一に脂肪吸引されないと表面上凸凹になってしまう可能性があるというリスクもあります。
こう考えると、医師選びは非常に重要だと言うことになると思います。

また、脂肪吸引手術をする際には麻酔をしますが、その麻酔にも種類があり、手術の内容や個人の体質に合わせて決められることが多いようです。

【硬膜外麻酔】
無痛分娩などで用いられる麻酔です。意識は保ったままで痛みだけを取り除きます。
背中からカテーテルを使用し硬膜外腔という人体と硬膜の間にあるところに持続的に麻酔薬を入れて使用する方法です。

【静脈麻酔】
静脈に点滴を使用して麻酔薬を注入します。
主に手術する範囲が狭いときに使用する麻酔です。

【全身麻酔】
静脈麻酔によって意識を無くした後に麻酔ガスを細い管を使って喉の奥から流して行う方法です。
体への負担が大きいために、充分に休養を取る必要があります。

【局所麻酔】
末梢神経に麻酔薬を注入することにより、部分的に痛みを感じなくなる方法です。
手術中は意識がはっきりあって痛みが部分的に無くなる感じです。

関連記事

コメントは利用できません。
美容外科ランキング
湘南美容外科クリニック
湘南美容外科クリニック
渋谷DSクリニック
渋谷DSクリニック
ガーデンクリニック
ガーデンクリニック
ページ上部へ戻る